無痛分娩の具体的方法

無痛分娩の具体的方法

無痛分娩はどの麻酔法を選択するのかといつから麻酔を始めるのか(麻酔開始時期)の2点で大きく成り立っています。無痛分娩のやり方が各施設で異なるのはこの2点にバリエーションがあるからです。

麻酔法

硬膜外麻酔脊髄くも膜下硬膜外併用麻酔(CSEA)経静脈的自己調節鎮痛法(IV-PCA)という点滴から麻酔の薬を投与し鎮痛を得る方法の3つが代表的です。

 

▶硬膜外麻酔

無痛分娩で最も一般的な方法です。

腰の背骨と背骨の間から針を刺して、硬膜外という場所にカテーテル(細い管)を入れ、そのカテーテルからお薬を入れることで、痛みを伝える神経の信号が脳に伝わらないようにします。開始してから陣痛の痛みがとれるまでに30分くらい時間がかかります。その後はお産の進み方に合わせてお薬を投与していくことになりますが、持続的にお薬を流す方法や一定の時間間隔で投与する方法、PCA(Patient controlled analgesia)といって妊婦さんが痛いと感じたときに自分でボタンを押してお薬を投与する方法などあります。

 

    脊髄くも膜下硬膜外併用麻酔(CSEA)

    帝王切開でよく用いられる脊髄くも膜下麻酔という比較的速く効き始める麻酔法と硬膜外麻酔を組み合わせた方法です。

    硬膜外麻酔だと痛みが緩和されるのに30分程度かかります。しかし、脊髄くも膜下麻酔だと10分程度で痛みが緩和されます。そこで、麻酔を始めるところだけスピードを上げるための工夫がなされたことになります。ただし、手技が難しいなどのデメリットもあるため、どこでもできる訳ではありません。

     

    • 経静脈的自己調節鎮痛法(IV-PCA) 

    点滴から麻酔薬を投与する方法もあります。

    背中から針を刺さなくていいので区域麻酔(硬膜外麻酔CSEA)ができない妊婦さんで行うこともありますが、母体への副作用が重篤であるため必ず麻酔科医が管理すべき方法です。また、お薬が点滴で母体の全身にまわるため胎児への影響も他の方法よりも心配です。そのため新生児科医がつねにいるしっかりとした病院で行われるべき方法です。

    麻酔開始時期

    自然の陣痛が来るのに合わせて麻酔を開始する方法(24時間体制無痛分娩)と計画分娩を行って麻酔を行う方法(計画無痛分娩)とがあります。

     

    ▶24時間体制無痛分娩

    通常のお産と同様に自然の陣痛を待ちます。入院のタイミングもほぼ同様です。入院後、痛みの程度と分娩の進行具合をみて、妊婦さんが助産師、医師と相談しながら無痛分娩を開始するタイミングを決めていきます。自然の陣痛に合わせながら行うというメリットはありますが、24時間つねに対応しなければならないため、マンパワーの少ない施設では行うことはできません。

    動画 https://youtu.be/nUGXgGAEeTw

     

    ▶計画無痛分娩

    マンパワーの少ない施設では無痛分娩に24時間対応することが難しいため、あらかじめ日程を決めてお薬を使って誘発分娩を行い、それに合わせて無痛分娩を行う方法をとる施設もあります。あらかじめ日程や時間を調整できるというメリットはありますが、子宮口を広げる処置や陣痛促進剤の使用が必要となります。

    動画 https://youtu.be/pr98Zke42xw

    24時間体制での無痛分娩

    計画分娩での無痛分娩