胎児への影響はありますか?

胎児への影響はありますか?

薬による直接的なものと母体の変化による間接的なものとがあります。

母体に投与された薬は胎盤を通して胎児に移行する可能性がありますが、硬膜外腔やくも膜下腔に投与された局所麻酔薬が直接胎児に影響する可能性は少ないといわれています。しかし、IV-PCAのように静脈内に点滴で投与された麻酔薬は胎児に影響することが報告されていますので注意が必要です。またフェンタニルなどの麻薬に関しては硬膜外やくも膜下に投与された場合でも胎児への影響が報告されていますが、硬膜外麻酔CSEAによる無痛分娩で使用する量であればあまり問題になることはないと考えられます。

麻酔による母体の血圧の変化や胎盤血流の変化が間接的に胎児に影響を及ぼすことがあります。母体のこまめなバイタル管理や速やかな対応で胎児へ影響するほどの事態になることは少ないと考えます。他に、CSEAで起こることが多いのが胎児の一時的な徐脈です。麻酔を導入することで急激に痛みがとれ、陣痛が強く長くなること(子宮の過収縮)があります。多くは母体の体位変換などで改善する一時的なものですが、なかなか改善しない場合には子宮筋を緩める薬を使うこともあります。

関連記事

無痛分娩を行っている病院は?

無痛分娩を行っている病院は?の画像

無痛分娩を行っている病院は?

無痛分娩を行っている病院をどうやって探せばいいのかというご質問をよく頂きます。現状では厚生労働省から全国の無痛分娩実施施設が公開されておりますので以下のURLより近くの施設を探してみる方法が一つです。各施設でやり方はさまざまですので当サイトなどを利用し無痛分娩について学び、ご自身のバースプランにあっ

無痛分娩と和痛分娩の違いって?

無痛分娩と和痛分娩の違いって?の画像

無痛分娩と和痛分娩の違いって?

無痛分娩とは、麻酔など何らかの手段を用いて陣痛による痛みを緩和しながらお産することの総称です。うまく管理されれば結果的に痛みがゼロでお産できることもありますが、結果として痛みがとり切れずにお産になることもあります。そのため「和痛分娩」という俗語ができたと考えられます。「和痛分娩」は医学用語ではありま

無痛分娩は誰が行うのですか?

無痛分娩は誰が行うのですか?の画像

無痛分娩は誰が行うのですか?

無痛分娩は産婦人科医、麻酔科医、助産師が関わり達成する麻酔を併用したお産です。無痛分娩の麻酔自体をになう科は各施設によって異なります。麻酔科医が麻酔管理を行っている病院もあれば産婦人科医が麻酔管理を行っている施設もあり形態はさまざまです。理想は欧米のように分娩についても十分理解した「産科麻酔科医」が