産後について

産後について

34歳 初産婦

産後の傷の処置も、全く痛みはありませんでした。あのまま2時間以上絶叫していたら…と思うと恐ろしいです。と同時に無痛なしで分娩をやりきった全てのお母さんへの尊敬の気持ちが込み上げました。分娩時に体力を温存できたためか、産んだ直後から体はとても元気で、かわいい赤ちゃんとの時間を楽しめました。 

▶Drからのコメント

 産後直後は無痛分娩による麻酔が効いていますので、会陰のきずを縫う痛みはほぼ感じません。しかし、お産が終わると無痛分娩の麻酔は切りますのでしばらくたつと徐々に痛みが出てきます。産後は妊娠中に使用できなかった鎮痛剤を使用することができますので我慢せずに使いましょう。

 

35歳 初産婦

一番期待していた体の回復について、私は無痛分娩しか経験していないため比較しづらいのですが、出産直後も少しヨタヨタしながらも自分の足で普通に歩くことができました。回復が早かったため、心なしか精神的な余裕があったように思います。 

▶Drからのコメント

無痛分娩が産後の回復の早さにつながることは以前から言われていますし、そういった研究もあります。実際にそのように感じられる方も多いようですね。

 

★30代 初産婦

産後1週間でもう2、3人生みたいし生める、という気持ちになりました。一番不安だった分娩時の負荷による血圧上昇も抑えられたので、感謝しかありません。産後、体の回復も比較的早く、皆さんが悩まれる骨盤の痛みなどもありませんでした。産後一ヶ月も無理して分娩しなかったためか、非常にスムーズに動くことができたと思います。

▶Drからのコメント

この方も産後の体力の回復の早さを実感したようですね。妊娠高血圧症候群の場合に陣痛の痛みによる血圧上昇を抑えるために無痛分娩を行い無事に分娩に至る方も多いです。しかし、産後に関しては育児が始まるため寝不足などが続き、産後にも関わらず再度血圧が上がってしまうことがあります。無痛分娩したからと言って産後にかけても必ずしも血圧が安定するとは限りませんので、産後も血圧をしっかり管理することが大切です。 

 

関連記事

不安だったこと

不安だったことの画像

不安だったこと

皆さん、お産に対する不安と相まって無痛分娩に対しても不安に思っていたことがあるようです。
悩んだり不安に思うことは当たり前です。少しでもその不安を和らげるために先輩ママたちはどんな工夫をしていたのでしょうか。

実際のお産は?

実際のお産は?の画像

実際のお産は?

実際のお産はどうだったのか。
経験談を語っていただきました。
お産は10人いたら10通りあるのと同様に、無痛分娩もそれぞれです。

無痛分娩を選んだきっかけ

無痛分娩を選んだきっかけの画像

無痛分娩を選んだきっかけ

無痛分娩を選んだきっかけはひとそれぞれです。
経験者の方がどのように悩んで決めたのかお話していただきました。
悩んでる方の参考になればと思います。