不安だったこと

不安だったこと

皆さんひとそれぞれ、無痛分娩に対して不安に思っていたことがあるようです。

 

34歳 初産婦

「なんとなく世間的にだめなんじゃないか…」「苦しい陣痛を乗り越えてこそ我が子が可愛いのでは…」そんな日本人のDNAが私の中でも多少ウズウズしました。女性として、産婦人科医として、一回はお産の痛みを経験した方がいいのでは、という思いも加わり、長い時間考えました。私の場合、もともと内科的な疾患があり、最終的には、できるだけ体にストレスをかけない方法を選択しようと考え無痛分娩を選びました。妊娠34週で無痛分娩クラスがあり、一緒に受けた妊婦さんたちは説明を聞いて不安が和らいだようでした。

 

35歳 初産婦

一つ目は「無痛分娩のリスク」について情報が少なく、事故の情報もあったことから、選択した後も心配は尽きませんでした。これは担当してくださる先生の無痛分娩のご経験を信じるしかありませんでした。二点目は無痛分娩がどう進むのかイメージしづらかったことです。診療時間中に先生からもご説明いただき、流れは理解できたものの、医学用語も難しいのでもう少しわかりやすい説明や、痛みがどのように進むかといった患者観点での情報提供があると、当日を迎えるのに心持ちが違うのではと感じました。 

 

▶Drからのコメント 

無痛分娩に対する不安はお産に対する不安と相まってお産が無事終わるまではゼロすることはできません。妊婦健診で先生から無痛分娩についていちからすべて説明を受けることは時間的に難しいと思います。この方たちがおっしゃるように医師や助産師が行う無痛分娩クラスで質問することで不安を解消したり、同じ妊婦さんと話しをすることで不安が和らぐことは十分あります。きちんと無痛分娩を提供している病院では必ず(!)無痛分娩をうける妊婦さん、その家族むけのクラスがありますので上手に活用しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

産後について

産後についての画像

産後について

無痛分娩の産後については意外に盲点ですね。
産後のメリットデメリットについて経験談を聞いてみましょう。

実際のお産は?

実際のお産は?の画像

実際のお産は?

実際のお産はどうだったのか。
経験談を語っていただきました。
お産は10人いたら10通りあるのと同様に、無痛分娩もそれぞれです。

無痛分娩を選んだきっかけ

無痛分娩を選んだきっかけの画像

無痛分娩を選んだきっかけ

無痛分娩を選んだきっかけはひとそれぞれです。
経験者の方がどのように悩んで決めたのかお話していただきました。
悩んでる方の参考になればと思います。